本当の自分に戻るために
最悪と最高を作って
そして 最悪!! なことを体験して
「あっ、最悪って分けてた」と気付いて
最悪と最高を超えて行く

その瞬間 自分に戻る
分かれていない自分に戻る

一つが二つに分かれた三次元では
最高になりたくてなりたくて
だから最悪なことばかり体験して
最悪だから最高になりたくて なりたくてと
常に追い求めている人生を送ってきた

そうではなかった
元々は分かれていなかった

分かれていなかったその感覚が自分と気付けるのも
分かれていたからこそ

分かれて それは一つだったと気付けて
あっ、分けてたと気付けて
最悪も最高も超えると 自分に戻る







2020/10/16(金) 18:54 メッセージ
我が家には男のコと女のコ(結局は男も女もないのですが)2匹のわんこがおります。
男のコは、心臓疾患に甲状腺疾患に胆泥症といろいろある10歳のコです。
女のコは、2歳になりました。
食の細い小さなコで、お腹に虫さんもいたので、食べるとぴーになるコでしたが、今では完治しモリモリ食べるハイパー娘に変わりました。

このコ達に、私は沢山の感情を出させてもらいました。
エゴ丸出しです^^;

このコ達も、エゴ丸出しして来ますので、エゴvsエゴで戦いが起きます。

クッションは飛ぶし(笑)吠えまくるし、ふん!!とか言っちゃうし、いじけるし、泣くし、笑うし、くっつくし(笑)

エゴのぶつけ合いです(笑)
それでいいのです。

ぶつけ合って、それを受け取り合えるのも、本質が愛だからです。

ぶつけ合いをしながらも、本質の愛そのものの中に私達は寛いで居ます。
それをちゃんと感じているので、エゴを出している私を、本質にいる私達がよしよしして理解してくれます。

ふっと安心感が広がります。

すると毎日、今日もがんばったねから、今日も面白かったー!!となり、眠りにつきます。

この寝る時も、男のコは手を舐めながら寝るのですが、このぺちゃぺちゃ音に「うるさい!」「気持ち悪い!」とか言っちゃうわけです。

私がこのコに写っているのですが(笑)

反対なのです。
このコが私の内側でもあり、私がこのコの内側でもあります。

つまり、私しか居ないのですが、寝る時にいろいろ考えてしまう訳です。
寝たいのに寝られない。
安心して寝られない。
眠いのにうるさい。
なんだ、そっか。

眠い私と、寝る時にいろいろ考えたい私との意見が一致してない訳です。
この事に気づいて、お互い歩み寄って出し合って理解する。

すると、このコがぺちゃぺちゃしないで、ゴロン、スーとなる訳です。
あはは♪
2020/10/15(木) 19:10 愛犬さんとの時間
10月に入って、お客様や生徒様の気付きが素晴らしい!
そして、ずっと気になっていたのですがとヨガやセッションに参加してくださる初めましての方が五年越しだったり三年越しだったりという。
ほんとーに、勇気を出してご参加くださりありがとうございます。

本当の自分に戻る時が来ているので、意識の何処かにそれがわかっている。
超意識は、一つです。
一緒です。

だから、みんなで超えていきます。
エゴを。

誰かが才出ているとか誰かが落ちているとかでなく、みんなで手を繋いでジャッジのない元に戻るのです。

それには
1つずつひとつずつ、コツコツ自分のエゴと向き合うしかなくて。
そして自分の苦手なものが来た時にそこにエゴを外すチャンスがあるのです。

個人セッションでは、そこを持って来ていただいて、一緒に解体していきます。
サイコロの展開図のように。

すると見えてきます。
自分の思い込みでできたその現象がなんだったのか。

そして、それがわかるとその事が消えるか気にならなくなります。

どんどん本当の自分に向かっていく感覚を掴んでこれるようになると、後は気づいて実践して、そして本当の自分の感覚(意識)になっていきます。

2020/10/14(水) 18:26 お客様との時間
何処までいっても 自分を見ることができない
自分を見たかったのに

だから神様は 見たい 体験したい となったのだなぁ
だから神様は 一つを二つにわけたのだなぁ

ねぇねぇ 私 体験する方やるから あなた私を見せて♪って
そして 別れた方も
ねぇねぇ オレ体験する方やるから あなたオレを見せて♪って

パートナーが私を見せてくれる
パートナーがオレを見せてくれる
一見全く自分と思えないのだけれど


だって私 そういう体してないし
オレだってそういう体じゃないし

私そんな風に言わないし 思わないし
オレだってそんな風に言わないし 思わなし

何処が私なんだ!! 
どこがオレなんだ!!

と、三次元の一つを二つにしたところだけ見ているから自分と思えるわけがない

そこで自分を見るとは!です

一つだったのです
パートナーは、父と母とで できています
つまりパートナーの中に男と女があります
勿論自分にも

パートナーを自分と見ているその感覚=意識が私だったのです
これが私を見るということ

見るって感じる、意識できていることでもありました
感じている感覚を見る

それが自分

見えないのですが
いろーんな自分がいてよかったのです

だから自分は無 0 でもあったのです

そして自分は無 0 であり 全てでもあったのです

2020/10/14(水) 06:00 メッセージ
汚い言葉って
何故か使うと 解放感があったりする

するのだけれど その後反省会してしまう

自分しかいなかったら
汚い言葉だろうが 綺麗な言葉だろうが
何だかよくわからないから どうでもいいのだろうが

言葉はコミュニケーションのツールでもあるから
やはり 人を意識してしまう

傷つけちゃったかなとか 
今の失敗とか 
もっと気の利いたこと言えないのかな 等など

そして気付く
綺麗な言葉 汚い言葉ってジャッジしている
言葉そのものがエゴでもあるわけで

言葉の綺麗汚いを超えると 
どうなるのだろう♪



2020/10/13(火) 06:26 メッセージ