不足感、欠乏感は、愛されていないという間違った思い込みが写し出されているだけだった。

物心ついた時に、親の何気ない一言や態度で、愛されていないと思い込んでしまったこの思考。

これがベースになっているから、特にお金が足りないという現象が起きている。

現象は、幻想なのだけれど。

現象を気にしないで生きる。

現象は、間違った思い込みを教えてくれているだけ。

あなたは、ちゃんとずっと愛されている。
本質から、愛されている。

プラスもマイナスもあって、プラスには、プラスもマイナスもあって、マイナスにも、プラスとマイナスがあって。

どこも何も欠けていない。

私は何も欠けていない。

あるを理解する。

これが染み付くまでやる。
自分を愛しているから、できる。

愛されているから、できている。

思考を相手にせず、本質の自分で自分を愛する。

あなたは、何も欠けていない。
あなたは、愛されてここにいる。
2019/07/17(水) 10:49 ひらきヨガの時間